目標設定がポイント

WebプログラマーやエンジニアなどIT技術職の特徴は個人のスキルや知識が仕事に活かされて、分野によってはパソコンさえあれば作業ができるので、他の職種に比べて独立しやすいと言えます。起業する、フリーランスとして活躍しているなど、分かりやすい例はいくつもありますが、気を付けたいのは全ての人が成功するわけではないということです。成功例に注目が集まりますが、それは少数派だからであり、実際のところは一握りにすぎません。

フリーランスの収入に関しては、その年代の平均値であることが多く、生活に苦労しているほどではないようです。しかし平均値を算出する際には成功者はもちろん含まれますし、反対に稼げない人間も入ります。

独立して生活できるようになるためには、目標設定がおすすめです。何を目標にするのかは人によって違ってきますが、収入を掲げると良く、どのようにして稼げばいいかプロセスが分かりやすくなります。

また漠然としたものではなく、達成が可能な小さな目標をいくつも作り、1つずつクリアしていくと自分に自信が付くでしょう。独立した後になかなか仕事が入らない、そうすると自信喪失につながっていくので、小さなものでも目標達成に向かってモチベーションを上げることが大切です。少しずつ達成していき、やがて大きな目標を掲げてそこに向かって突き進んでいくと成功の可能性が高まるでしょう。最初から高望みするのではなく、地に足を付けて1つずつクリアしていくことが成功につながります。